検索
  • 検索
  • お問合せ
発声リハビリテーション

喉頭摘出後は、以前のような発声ができなくなります。声の回復をサポートするために、発声リハビリテーションが必要になります。

声が出る仕組み

喉頭摘出する前は、声は喉頭の中にある声帯から出ていました。声帯は自然な発声の源でした。息を吐き出す時、空気が声帯を通過し、声帯がリズミカルに開いたり閉じたりして音を発します。

手術後の声は変わります

喉頭摘出術により、声帯を含む喉頭はなくなります。しかし声を取り戻す方法がいくつかあります。

手術後に声を取り戻す3つの方法は、ボイスプロステーシスを使用したシャント発声、食道発声、電気式人工喉頭による発声です。

こうした方法は、声帯から発せられる声とは異なるため、以前と異なる声に聞こえます。食道発声とシャント発声の場合、音源は食道になります。