検索
  • 検索
  • お問合せ
シャント発声(シャント法)

ボイスプロステーシスを使ったシャント発声は、海外では喉頭摘出後のもっとも一般的な発声方法です。比較的習得がしやすく、自然で流暢な発声が可能です。

ボイスプロステーシスは気道と食道の間に留置されます。海外では、多くの場合喉頭摘出術と同時に留置されますが、喉頭摘出術後しばらく経ってから留置することも可能です。

声が出る仕組み

手術後、首元の永久気管孔から呼吸することになります。息を吐き出す時に永久気管孔をふさぐと、肺からの空気は気管からボイスプロステーシスを通過し食道から口に抜けます。空気が食道の上部を通過する時その周辺の組織が振動し音を発します。この音を舌や口を上手に使って話し言葉に変換します。

シャント発声の声

ボイスプロステーシスを使って話すとどのような声になるか、動画でご確認いただけます。

シャント発声の利点
  • 習得しやすい-実用的な声が比較的容易に習得できる
  • 声質が良い-流暢で自然なフレーズの長い音節の発声
  • 聞き取りやすい
シャント発声について知りたい
問い合わせる