検索
  • 検索
  • お問合せ
ボイスプロステーシス(ボイスプロテーゼ)

ボイスプロステーシスは、自然で聞き取りやすい声を提供します。

ボイスプロステーシスの仕組み

ボイスプロステーシスは、一般的には医療用シリコーンでできたプラスチック器具です。喉頭摘出手術時か、またはそのしばらく後に、食道と気道の間に留置されます。

ボイスプロステーシスには、食道側と気道側それぞれに1枚ずつフランジがついています。このフランジの間に小さいチューブがあり、その中に一方通行の弁がついています。発話時にこの弁が開きますが、呼吸時と食事の時は、誤嚥を防ぐために閉じています。

永久気管孔をふさぐと、はきだされた空気はボイスプロステーシスの中をとおり食道に流れ込みます。この空気が食道壁を振動させ音が発せられます。これが「シャント発声」と呼ばれる発声法です。

プロヴォックスシステム

プロヴォックスシステムはボイスプロステーシスとアクセサリーで構成された製品群です。プロヴォックスシステムは、少ない労力で良い声質を提供し、簡単なメンテナンスで、心地よい装着感の製品群です。

プロヴォックスVega

プロヴォックスVegaは、もっとも標準的なボイスプロステーシスです。プロヴォックスVegaは、良い声質、少ない労力で発話でき、簡単に洗浄できる機器と臨床試験で評価を受けています。

その他にも異なる種類のボイスプロステーシスとアクセサリ-があります。

ボイスプロステーシスについて問い合わせる
こちらをクリック