検索
close

アトスメディカルのホームページをご覧いただきまして有難うございます

国を選択してください

日本語 (Japan)
Europe
Belgique (Français)
België (Nederlands)
Danmark
Deutschland
España
France
Italia
Nederland
Norge
Polska
Portugal
Schweiz (Deutsch)
Suisse (Français)
Suomi
Sverige
UK (English)
Asia
中文(大中華)
日本語 (Japan)
Americas
Canada (English)
Canada (French)
USA (English)
ブラジル
Oceania
Australia (English)
New Zealand (English)
Other
International
選択を確定する
  • 国を選択する:日本語 (Japan)
close

肺機能リハビリテーション

喉頭摘出により肺機能にも変化があります。幸い、喉頭摘出による変化を改善し、体を順応させるために、様々な種類の医療機器が開発されています。

肺機能

肺は活発な器官です。吸い込んだ空気から酸素が肺に入り体に取り込まれます。吐き出した空気には、体から排出された二酸化炭素が含まれています。

肺には加温・加湿された空気が必要です

喉頭摘出前は鼻や口(上気道)から呼吸します。上気道(特に鼻)は、吸気の状況を改善します。吸い込んだ空気は加温・加湿され、ろ過されます。吸気が肺に到達する時には、体温に相当する37度になり、肺機能に適した加湿レベルである100%に加湿されます。

手術後は、鼻の代わりに首元の永久気管孔から呼吸します。このため、吸気は気管や肺に到達する時、適切に加温・加湿されなくなります。

加温・加湿されていない吸気に反応し、気管や肺が痰を作り、咳が増え、気道炎症にかかるリスクが上昇します。

 

人工鼻(HME)の装着が大切な理由

人工鼻(HME)を装着することで、失った上気道(口、鼻、のど)の機能を補完することができます。人工鼻(HME)は吸気を加温・加湿し、ろ過し肺の健康を改善する可能性があります。

人工鼻(HME)は日常生活の様々なシーンで使用できるようにデザインされています。

  • プロヴォックスエクストラフローHMEは活動的な時に使用します
  • プロヴォックスエクストラモイストHMEは安静時に使用します
  • プロヴォックスマイクロンHMEは細菌やウィルスをできるだけ除去したい時に使用します
  • プロヴォックスルナHMEは特に夜の使用に適しています

人工鼻(HME)を最大限に活用するためには、常時使用することをお勧めします。

人工鼻に興味がある方はお申込みフォームからお問合せください

お問合せフォーム

本フォームからのお問合せには、3営業日以内にご連絡を差し上げます。
*入力が必要な項目
希望する連絡方法

お客様からアトスメディカルに問い合わせる

日本
患者さま用フリーダイヤル:
0120 937 432

代表電話:03 4589 2830