検索
close

アトスメディカルのホームページをご覧いただきまして有難うございます

国を選択してください

日本語 (Japan)
Europe
Belgique (Français)
België (Nederlands)
Danmark
Deutschland
España
France
Italia
Nederland
Norge
Polska
Portugal
Schweiz (Deutsch)
Suisse (Français)
Suomi
Sverige
UK (English)
ハンガリー語
Asia
中文(大中華)
日本語 (Japan)
Americas
Canada (English)
Canada (French)
USA (English)
ブラジル
Oceania
Australia (English)
New Zealand (English)
Other
International
選択を確定する
  • 国を選択する:日本語 (Japan)

接続器具-アドヒーシブとラリボタン/ラリチューブ

アドヒーシブやラリボタン、またはラリチューブといった接続器具は、永久気管孔にHMEを装着する時に使用します。

どんな人に向いていますか?

アドヒーシブは永久気管孔にHMEを装着する最も簡単な方法です。説明書に従い慎重にアドヒーシブを永久気管孔周囲に貼りつけ、HMEを装着するだけです。

プロヴォックスラリチューブやラリボタンの使用が推奨される時もあります。このような時は、医療従事者と面談するまで、アドヒーシブのご使用はお控えください。

状況に合わせてアドヒーシブを使い分ける

日中の活動状況や肌の状態に合わせて異なる種類のアドヒーシブをご用意しています。

活動時には、しっかりと密着するプロヴォックススタビリベースを使用してください。プロヴォックススタビリベースはハンズフリーによる発声にも適しています。

プロヴォックスフレキシダームは柔軟なアドヒーシブで永久気管孔の形状に合わせて、ぴったりとよくフィットします。

プロヴォックスオプティダームは、他のアドヒーシブと比べて粘着力が弱めで肌に優しいアドヒーシブです。手術や放射線療法の直後の使用に適しています。特に肌が敏感で肌荒れしがちな方にも適しています。

 

夜の使用に適したプロヴォックスルナ

プロヴォックスルナアドヒーシブは柔らかい素材でできており、快適にお休みいただけます。ルナアドヒーシブは、水を含んだゲル状素材でできています。肌の負担を減らして、翌日日中用のアドヒーシブを貼り付ける準備をします。

アドヒーシブを取り換える

アドヒーシブを取り換える時、永久気管孔周囲の手入れをすることは大事です。十分なお手入れをすれば、肌荒れを起こしにくくなり、アドヒーシブをぴったりと密着させることができます。

肌の調子を整えるコツ

  • 日中のアドヒーシブを剥がす時は、アドヒーシブリムーバーを使用しましょう
  • アドヒーシブを剥がした後は、プロヴォックスクリーニングタオルで肌を清潔にしましょう
  • 夜はプロヴォックスルナを使って、肌の負担を減らしましょう
  • 朝、ルナアドヒーシブを剥がし、クリーニングタオルで肌を清潔にした後、乾かしましょう(ルナアドヒーシブに水分を含ませることで簡単にはがすことができます)
  • 肌が敏感な方は、プロヴォックススキンバリアを使用し、十分に乾かしてから日中のアドヒーシブを貼りましょう

喉頭摘出者様用の気管カニューレ

医療従事者にプロヴォックスラリチューブやラリボタンの使用を勧められた方へ

プロヴォックスラリチューブは、永久気管孔が収縮するのを防ぎながら、永久気管孔にプロヴォックスHMEを装着するカニューレです。手術直後、放射線療法時や肌荒れでアドヒーシブを使えない時に、アドヒーシブのかわりに使用することもできます。プロヴォックスラリチューブ使用時にラリクリップやチューブホルダーを併用することもあります。

プロヴォックスラリボタンも、永久気管孔が収縮するのを防ぎながら、HMEを気管孔に装着するために使用します。ラリボタン単独で使用する場合と、ラリクリップやチューブホルダーと併用する場合とがあります。

ラリチューブやラリボタンの使用に関心をお持ちの方は、主治医にご相談ください。

アドヒーシブや接続器具の選択にお悩みの方はお問合せフォームからご相談ください

お問合せフォーム

本フォームからのお問合せには、3営業日以内にご連絡を差し上げます。
*入力が必要な項目
希望する連絡方法

お客様からアトスメディカルに問い合わせる

日本
患者さま用フリーダイヤル:
0120 937 432

代表電話:03 4589 2830