• お問合せ
  • 検索
検索
シャント発声とは

 シャント発声とは、喉頭内または付近にできた進行段階にあるがん(喉頭がん、下咽頭がんなど)により喉頭全摘出された方々が、声を取り戻す方法のひとつです。シャント発声は、その術式から「気管食道シャント法」や「TEシャント」と呼ばれることもあります。

 

シャント発声では、医師が気管と食道の間に孔を造設し、そこにボイスプロテーゼと呼ばれる小さなシリコーン製器具を留置します。ボイスプロテーゼは、吐いた息を気管から食道へ送る一方通行の弁です。シャント発声では、指で気管孔を閉じながら、息を吐き出すだけで発声することができます。肺からの空気はボイスプロテーゼを通り、のどを通り抜け、のどの組織を振動させます。この振動音がシャント発声の新しい音声となります。シャント発声は、喉頭全摘出術後の声としては、比較的声の質が高く、容易に習得することができると考えられています。

シャント発声で使われるボイスプロテーゼ自体は音を生み出しませんが、空気が肺からのどに達するための通り道をつくります。ボイスプロテーゼの中には一方通行の弁があり、食べ物や飲み物が肺に入り込まないように、通常は弁が閉じたままになります。

シャント発声で使用される、ボイスプロテーゼは喉頭全摘出術中に留置したり、手術後しばらくたってからでも留置することができます。

シャント発声の声をこちらの動画からご視聴ただけます。

シャント発声についてご質問やご不明な点のある方は
こちらをクリック