• お問合せ
  • 検索
検索
開口障害

口を大きく開けられない、あるいは顎に痛みがあるため日常生活に支障が生じている場合、開口障害が疑われます。これはあらゆる年代で症状があらわれ、ゆっくり進行していきます。

開口障害の原因は複数あります。頭頸部がん、外傷、歯科、感染の治療後に生じることがよくあります。開口障害が生じると食べる、話す、笑う、あくびといった動作や歯磨きが難しくなります。

顎の動きが阻害されると、炎症が生じ、関節がこわばって機能が徐々に低下していきますが、早期発見とリハビリによってこの症状を回避できます。

ストレッチ運動と他動運動を合わせて行うことは、顎の動きを改善するのに効果的です。他動運動は、痛みのある筋肉を動かさずに関節を鍛えることができます。関節を完全にリラックスさせたまま、外部からの力によって顎を自然な可動域内で動かすこともできます。

リハビリテーション器具を使用することで、ストレッチ運動と受動運動の両方を行うことができます。

ご不明な点やご質問のある方は