検索
close

アトスメディカルのホームページをご覧いただきまして有難うございます

国を選択してください

日本語 (Japan)
Europe
Belgique (Français)
België (Nederlands)
Danmark
Deutschland
España
France
Italia
Nederland
Norge
Polska
Portugal
Schweiz (Deutsch)
Suisse (Français)
Suomi
Sverige
UK (English)
Asia
中文(大中華)
日本語 (Japan)
Americas
Canada (English)
Canada (French)
USA (English)
ブラジル
Oceania
Australia (English)
New Zealand (English)
Other
International
選択を確定する
  • 国を選択する:日本語 (Japan)
close

パネルディスカッション:新型コロナウイルス下の喉頭摘出術、管理とリハビリテーション

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに対応して、喉頭全摘術の患者の管理には大きな変化がありました。この変化は、この危機の最中に患者と医療提供者の両方を保護することを目的としたエアロゾル発生行動(AGP)を制限または排除するための推奨事項によるものです。変更には、喉頭摘出術と気管食道シャント造成術のタイミングに関する決定、ボイスプロステーシスのタイプの選択、病院とコミュニティにおける気道管理、およびボイスプロステーシスの管理が含まれます。この変更は、患者と患者のケアを行う医療従事者に大きな影響を与え、喉頭全摘術の患者ケアに直接的な影響を与えます。

パネリスト:

Dr Richard Dirven, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, The Netherlands Cancer Institute, Amsterdam, the Netherlands

Prof Dr Miguel Quer, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, Hospital de la Santa Creu i Sant Pau de Barcelona, Chair in ENT H&N Surgery, Professor of Otorhinolaryngology in  Universitat Autònoma de Barcelona, Barcelona, Spain

Dr Steffen Dommerich, MD
Head and Neck Surgeon, Charite University Medical Center, Berlin

Dr Andy Bertolin, MD
Head and Neck Surgeon, Chair ENT Dept Laryngeal Cancer Centre, Vittorio Veneto Hospital, Treviso, Italy

Mrs Grainne Brady, MRes, MRCSLT
Clinical Lead Speech and Language Therapist, The Royal Marsden NHS Foundation Trust, London, UK

Dr Claudio Parrilla, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, Catholic University of the Sacred Heart (Gemelli Hospital), Rome, Italy