検索
  • 検索
  • お問合せ
喉頭摘出術とは

喉頭摘出術は、喉頭内または付近にできた進行段階にあるがんに行われる外科処置です。この手術により声帯を含む喉頭が摘出されます。喉頭摘出後は、呼吸は鼻や口からではなく、首元にあいた呼吸をするための孔(永久気管孔)を通じて行うことになります。

喉頭摘出術を受けることは大変な経験ですが、あなたはひとりではありません。世界中に10万人以上の人が同様の手術を受けており、術後も生活の質を維持しています。

 

喉頭摘出術の影響

喉頭は様々な重要な役割を果たしています。まず、声を出すための声帯があります。また、呼吸や嚥下の手助けもします。このため、声帯を摘出することは声の変化のみならず呼吸、嚥下、嗅覚にも影響します。

新しい声

声には意見や感情を表現するという重要な役割があります。生まれ持った声を失うことは大変なことです。コミュニケーション力の減退に影響があると共に自身のアイデンティティーを失う感じがするでしょう。しかし、失った声を取り戻す方法がいくつかあります。

手術後に可能となる発声方法は大きく分けて3つあります。ボイスプロステーシスを使用したシャント発声法、電気式人工喉頭を使った発声、食道発声法です。

鼻機能について

鼻の機能は嗅覚だけではありません。吸気を加温・加湿し、ろ過する機能もあります。こうした鼻機能によって、体温まで加温され十分に加湿された空気が肺に届けられ、肺が正常に機能します。

喉頭摘出後、喉摘者は永久気管孔から呼吸するため、こうした鼻の機能は失われます。永久気管孔から呼吸すると、肺の中の温度や湿度が下がります。肺はこうした変化に反応し、結果として痰が多くなり、気管が炎症をおこします。

人工鼻(HME)は失われた鼻機能を補完するために開発された製品で、肺の中の環境を整えるために役立ちます。