• お問合せ
  • 検索
検索
退院したら

喉頭摘出後、退院されたら、永久気管孔のケアを自分でしなくてはなりません。面倒と思うかもしれませんが、毎日ケアすれば、すぐに慣れますし、すこやかな生活につながる大切なことなのです。

続きを読む
「以前は遠慮することも多かったけど、最近はいろいろな事にトライできて嬉しく思います」
東京都・若月様
喉摘者として   生きる
太楽様の声

太楽順子さんは、2011年に喉頭摘出し、その半年後にシャント手術をされました。アクセサリーデザイナーとして、アクセサリー教室を主宰されるなどご活躍中です。ほかにも趣味の海外旅行に行かれるなど、毎日アクティブに過ごしていらっしゃいます。

谷口様の声

谷口秀子さんは、2010年に喉頭摘出し、2011年に新聞記事でシャント発声を知り手術を受けられました。声を取り戻すために行動して人生が変わったそうです。現在は趣味の華道や時にはカラオケを楽しみながら、笑顔で前向きに人生を満喫されています。

斎藤様の声

斎藤末子さんは、2012年に喉頭摘出し、2016年にシャント手術を受けられました。ハンズフリーで会話できる機器を使い、美容師のお仕事にも復帰することができました。今ではお客様との会話を楽しみながら、いきいきとお仕事をされています。

アトスメディカルの取り組み
アトスメディカルは長年にわたる経験と使用者への深い理解に基づくデザイン設計と技術開発により、喉摘者の方に声を届けることを追及します。
続きを読む
ハンズフリーで自由に話す

プロヴォックスフリーハンズフレキシボイスは、ハンズフリーで自由に話すことと、指押さえで話すことの両方を可能にしました。発声に必要な呼気の流量と圧力に応じて、ライト、ミディアム、ストロングの3タイプの弁からお選びいただけます。

 

続きを読む
プロヴォックスフリーハンズフレキシボイス

ハンズフリーで話してみませんか?プロヴォックスフリーハンズフレキシボイス