検索
close

アトスメディカルのホームページをご覧いただきまして有難うございます

国を選択してください

日本語 (Japan)
Europe
Belgique (Français)
België (Nederlands)
Danmark
Deutschland
España
France
Italia
Nederland
Norge
Polska
Portugal
Schweiz (Deutsch)
Suisse (Français)
Suomi
Sverige
UK (English)
Asia
中文(大中華)
日本語 (Japan)
Americas
Canada (English)
Canada (French)
USA (English)
ブラジル
Oceania
Australia (English)
New Zealand (English)
Other
International
選択を確定する
  • 国を選択する:日本語 (Japan)
close

パネルディスカッション: 新型コロナウイルス下の喉頭摘出者と気管切開患者の気道管理

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに対応して、気管孔から呼吸している患者を管理するための推奨事項には大きな変化がありました。これらの推奨事項には、危機に対応するために患者と医療提供者の両方を保護することを目的としたエアロゾル生成行動(AGP)の制限または排除が含まれます。AGPには、咳を誘発したり、液滴やエアロゾル化した粒子を拡散させたりする行為が含まれます。これは、気管孔を通じて呼吸している患者と患者をケアする医療従事者に大きな影響を与えます。これらの推奨事項は、喉頭全摘術または気管切開術を受けた患者の直接的なケアに影響を与えます。

パネリスト:

Prof Dr Michiel van den Brekel, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, The Netherlands Cancer Institute, Amsterdam, the Netherlands

Dr Mario Fernandez, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, Hospital General Universitario “Gregorio Marañón”, Madrid, Spain

Mr James Kelley, BSc Physiotherapy, MSc Critical Care
Chartered Physiotherapist, Head of Acute Services, The Wellington Hospital, London, United Kingdom

Dr Bernard Fikkers, MD, PhD
Intensivist, Radboud University Medical Center, Nijmegen, the Netherlands

Prof Dr Alberto Deganello, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, University of Brescia, Spedali Civili di Brescia, Brescia, Italy

Prof Dr Andreas Dietz, MD, PhD
Head and Neck Surgeon, University Hospital Leipzig, Leipzig, Germany

Fikker医師が取り上げたガイドライン:

Fikkers B. NVIC tracheotomy protocol COVID-19. 2020-04-20